まとまった時間がとれず社会貢献・福祉支援活動ができないあなた

社会貢献・福祉活動にご興味があり、何らかの活動をされているかたが増えてきました。しかし、その活動を継続するためには、つねに時間とお金の準備が必要になります。仕事が多忙になれば当然時間が少なくなります。またボランティア活動に専念すればお金の余裕がなくなってきます。


空いた少しの時間で地元を活かした活動をしませんか?

そんな中、空いている30分程度の時間を活用し、自宅周辺から徒歩、あるは自転車で移動できる範囲で、遠方の独力で移動困難なかたがたと、スマートフォンのテレビ電話で一緒にお散歩を楽しんでいただく支援活動はいかがでしょうか? どこでもおでかけサービスでは、独力で移動が困難な方々、何らかのハンディキャップで遠方へ自由に移動できない方々へ、30分程度、代わりにリアルタイムな映像を届けながら、まるでその場所にガイドさんと一緒に歩いているような感覚を提供するソーシャル福祉サービスです。あなたの街を実際に歩くように見てみたいという方々へあなたのご都合とお出かけ内容をウェブサイト上でご紹介し、ご予約する仕組みをご提供致します。

 

勿論、ご自身のスマートフォンを活用したテレビ電話の通信料や、移動に関する近隣の交通費などの実費分を「どこでもおでかけサービス利用規約」に基づき謝礼代をお渡しするのが基本ルールです。(1回30分のおでかけで1,500円:平成27年11月7日現在)。

* 謝礼代は文書による辞退も可能です。
* 辞退されたお金は「どこでもおでかけサービス利用規約」にもとづき福祉的活動費に充当されます。

「どこでもおでかけサービス利用規約」は入会時にご提示いたします。

 

 

現地サポーター参加ご希望の方へ

ご興味のある方が、以下の問合せシートより、

「現地サポーター参加希望。情報提供を願います。」としてご連絡下さいませ。

なお、本サービスは新しい試みであるため、運用上さまざまな課題を整理しながら進める必要があります。希望者の第一期対応として、定員数を設けさせていただきます。あらかじめご了承のこと、何卒お願い申し上げます。