アーティスト(参加順)

 


アーティスト名:二本柳 宏行(藤沢市)

本名:服部 宏行。代表を兼ねてキット絵素材を描いております。各地のワークショップでその地域の絵素材を作ることを楽しんでおります。こんな絵素材が欲しい!があれば是非教えてください。また、私も絵素材を描いてみたい!という方は是非お声がけくださいませ。

 

キットの絵素材&トッピング絵素材&背景画



アーティスト名:石黒よし子(横浜市)

仕事の一部でブラックボードに絵を描いていたことがきっかけとなり、イラストを描かせて貰うようになりました。絵を描いているうちに様々なアイデアが浮かび、それを線に、色に表現していけることがとても楽しいです。 プロジェクトの立ち上げに向けて「パイロット作品」の協力のお声掛けがあり、約1年、建物の絵の素材を中心に準備をしてきました。個展では皆さんが楽しそうに街の貼り絵を楽しんでいる様子を見るのが何よりの楽しみです。これからも素材を少しづつ増やしていきますので、応援よろしくお願いいたします!

 

キットの絵素材&トッピング絵素材



アーティスト名:tonton(横浜市)

30年前、卒業旅行で初めて訪れたヨーロッパ。観るものすべてが珍しかったですが、中でも心打たれたのは街並みの美しさでした。整然としながらも並んだ家々には一軒一軒みんな違った個性がありました。はがれた壁、窓辺の花、古びたドアノブのひとつひとつに、その家に住む人々の暮らしや時の流れがあらわれているように思いました。わくわくしながら扉や窓ばかり、同じアングルで何十枚もシャッターを切ったのを覚えています。ちっちゃな家々の貼り絵をしながら、ボックスタウンに住むいろんな人々に想いをはせていただけたら、と思います。

 

キットの絵素材&トッピング絵素材



アーティスト名:大泉 智行(厚木市)

神奈川県横須賀市に育つ。1989年、多摩美術大学グラフィックデザイン科を卒業し、株式会社三越入社。翌年より横浜店広告担当として活動。以降、三越各店の広告・カタログ制作を担当し、2011年3月に三越を退社、フリーに。2011年5月東京神田神保町にて開催されたグループ展「美準展」に参加し、オリジナルキャラクター「チャックま」発表。2012年2月より本格的にイラストレーター/デザイナーとしての活動を開始。同年より文化服装学院にて非常勤講師を拝任。現在、厚木市で創作活動に勤しむ毎日。

 

トッピングの絵素材&背景画



アーティスト名:ぴむりこ(横浜市)

星の世界をテーマにしています。作品を通じて、星の世界を身近に楽しく感じてもらえたら嬉しいですし、皆さんの作る小さな町に彼らが入ることも楽しみにしています。星座シリーズはastroriumの名前でLINEでも好評発売中です。

 

トッピングの絵素材&背景画



アーティスト名:國分夢志/DragonArtist

https://yumeshi.jp/

 

プロジェクトより感謝を込めてご紹介いたします。

気仙沼の復興支援、そして様々な地域での募金活動の趣旨に賛同していただき、子供に楽しんもらいたいと「虹の竜」の絵を快く提供してくださいました。「その地に幸せを運ぶとされる虹龍」。大切に活用させていただきます。

 

トッピングの絵素材



アーティスト名:Hina(気仙沼市)

 

プロジェクトより心を込めてご紹介いたします。

気仙沼のとあるコーヒーショップでは欠かせない存在の女性アーティスト。あの「ば!ば!ば!プロジェクト」では安波山のマップ挿絵を担当し、楽しい絵地図づくりに貢献しております。このたび、お声がけさせていただき、気仙沼のキット一式の絵素材をご提供していただきました。気仙沼のみならず他の地域でも活用させていただきます。

 

キットの絵素材


アーティスト名:kumasaya(藤沢市

 

プロジェクトよりご紹介いたします。

子供のころから落書き帳に描いていた絵を提供していただきました。クマの家族とのこと。

活用させていただきます。

 

キットの絵素材



アーティスト名:吉田直子(気仙沼市

 

プロジェクトより吉田さまをご紹介させていただきます。高校は美術科で才能が開花。八瀬のカフェ「ヤッセーコーヒー」店舗内に油絵が展示されており、お客様に評判です。ボックスタウンにおいては、旧月立小学校でのワークショップでではじめて秋の季節感漂う八瀬の風景画のご協力をいただきました。

 

 

キットの背景画